「第1回 全国500歳野球大会(秋田県大仙市)」開幕

野球に燃える親父たちの甲子園
「第1回 全国500歳野球大会(秋田県大仙市)」が7月15日に開幕しました。

大曲球場での開会式は昼間用の最新型花火が披露されました。三三七拍子花火など演出にもこだわりがありビックリしました。

試合の方も熱戦の火ぶたが切って落とされ、我々新潟県代表チームは第3試合で、強豪・地元の秋田県代表と高校野球のような猛暑の中で対戦しました。
私も6番ファーストでフル出場し、汗と砂ぼこりにまみれながらも、3打数1安打、無失策と無難な働きをしました。(みんな必死で試合中の写真を撮る余裕はありませんでしたが)
最後まで勝負の行方が分からない好ゲームでしたが、残念ながら6-3で敗れ、親父たちの短い夏は終わりました。

結果に悔いはなく、笑顔で新潟へ帰ってきました   。